Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
父親(赤ちゃんのパパ)の育児参加。
スポンサードリンク
JUGEMテーマ:育児

父親の育児参加。
これって、母親にとってももちろん子どもにとっても大事なことだと思います。
最近、しみじみと感じている私・・・。
私の旦那さまって、ほんとに積極的に育児に参加してくれるんです。
出産後入院中は毎日可能な限りはお見舞いに来てくれて、病院にいる間はオムツをかえ、ミルクを作り、ミルクを飲ませ、赤ちゃんの体重を量りに行ってくれてと、ほんとにずっと赤ちゃんのお世話をしてくれていて。
『こんなパパなかなかいないよぉ。』と、看護師さんにも評判の優しい父親です。

今だって仕事のない休日などは私がゆっくり眠れるようにと、父親自らすすんで、早朝のオムツかえ、ミルク、寝かしつけをしてくれるんです。
可愛い可愛い娘ちゃん、最近はとってもいい子で夜中にミルク等でおきることもなく、とーっても楽になりました♪
でも、夜中とか何度も起きていた時期でも、休みの日には私に代わりオムツをかえ、ミルクをあげてとしてくれていました。まぁ、完全ミルクだから出来ることですね。でもね、自分は父親なんだという自覚を持ってくれているのだと思います。
私のまわりの話なんですが・・・父親なんだという自覚を持ってくれないという旦那さまが多くって。
旦那さまが面倒を見てくれない!と言って、お風呂にもゆっくり入れないの。という話も聞いたことがあったり・・・。
その為、そういう旦那さまを持っている友人は
『どうして私が一人でやらなきゃいけないの!?』と育児にストレスをかかえていました。
可愛い子供の笑顔が唯一の支えなんだ。って・・・。

もちろんね、私もストレスがないわけではありません。
一日中娘と一緒にいて、自分の思うように行動できない。かなりストレスがたまる時もごくたまにですが、あります。
でも、『パパと二人で育児をしているんだ』という安心感があります。

だから私は、笑っていつでも笑顔で娘に接することができるのだと思います。

お父様になられた方には、ぜひ!自分の子供でもあるんだ!をいう自覚をもって育児に参加して頂きたいものですね。
『手伝っている』って思ってはいけません。
二人の子供だから二人で育てる!という気持ちが大切なんだと思います。
スポンサードリンク
posted by: toyomikarin | ベビーのこと | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
posted by: スポンサードリンク | - | 15:21 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://toyorinmika.jugem.jp/trackback/19
トラックバック